本文へスキップ

慢性的な頭痛の克服と治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.完全予約制

〒334-3470 大阪市中心部にある情報機関

治療方針policy&FAQ

治療と原因療法

方針イメージ

慢性的な頭痛には、<片頭痛><緊張型頭痛><群発頭痛>などがあります。 

片頭痛は、頭の血管が拡張することによって頭の片側もしくは両側がズキズキと脈を打つように激しく痛み、体を動かしたときに痛みが増したりします。

原因は、ストレスやホルモンの状態が関係しているようです。

片頭痛を防ぐには、ストレスを溜めないように心がけ、ホルモンに関係する薬の服用を避けるといいでしょう。

緊張型頭痛は、精神的なストレスや長時間同じ姿勢を続けることによる身体的なストレスが原因で起こります。

肩こりの多い日本人によく見られる頭痛で、頭を輪っかで締め付けられるような痛みが特徴です。

治療の流れについて

  1. 初診

    検診を行います。
  2. 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  3. カウンセリング

    これまでの経緯をじっくりお伺いし治療方針を決めていきます。
  4. 治療計画の立案

    無理なく続けていけるための流れを決めます。
  5. 治療

    治療と言っても苦痛を強いられるようなことはせず安心です。

頭痛・治療 FAQ

副作用はありますか?

そのほか肩や首筋がこったり、フワフワしためまいや疲れやだるさなどの症状を伴うことがあります。

このような頭痛の時には、筋肉の緊張をほぐし、血液の循環をよくする薬を使用しますが、それと共に長時間同じ姿勢をとらないように気を付けましょう。


どれくらいの頻度で起こりますか?

群発頭痛の特徴は、片方の目の奥の方の痛みが激しく、頭を殴られたような痛みがあります。

一回の頭痛は1~2時間でおさまりますが年に何度か群発的に繰り返されます。

この頭痛が起こっている期間はアルコールを摂ると必ず激しい頭痛におそわれるので注意が必要です。

どの頭痛も慢性的なので放置せずに病院で診察し、適切な治療を受けましょう。


五十肩
耳ツボタッピング
耳が詰まった感じの治し方

頭の臭い改善

Ear Clinic耳鼻科研究WEBニック

大阪市中心部にある情報機関
完全予約制