本文へスキップ

顎関節症の温熱療法

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.完全予約制

〒334-3470 大阪市中心部にある情報機関

耳鼻科研究WEBニックfacilities

顎関節症の温熱療法

顎関節症は口を大きく開けて何かを食べるときやあくびをしたときなどにあごががくがく言ったり口を閉じると痛みを感じたりします。

中にはストレスなどの食いしばりや歯ぎしりなどが原因で起こる場合もあります。原因もさまざまですがあごががくがくしたり痛みがある場合には医師の診察を受けることがよいです。

痛みが強い場合には内服薬を処方してもらうことができます。

治療方法はほとんどの場合が安静にすることが多いですが中には手術が必要な場合もあるようです。

そんな中で温熱療法も効果があるようです。温熱療法は痛みだけでなく体もリラックスさせてくれるので免疫力も上がり顎関節症だけでなくほかの病気にもとても効果があるようです。

ストレスは顎関節症だけでなくほかの病気も引き起こす場合があります。ストレスはなるべくためないことが大切なことですがたまってしまったら自分なりに発散方法を見つけることが大切なことです。

ストレスの発散方法は人によって違います。

運動によってストレスが発散できる人や買い物によってストレスが発散できる人などさまざまです。

自分はどの方法でストレスが発散できるかを考えて自分なりのストレス発散方法を見つけることをすすめます。



五十肩
耳ツボタッピング
耳が詰まった感じの治し方

頭の臭い改善

Ear Clinic耳鼻科研究WEBニック

大阪市中心部にある情報機関
完全予約制