本文へスキップ

突発性難聴のときは、お風呂を控えましょう

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.完全予約制

〒334-3470 大阪市中心部にある情報機関

耳鼻科研究WEBニックfacilities

突発性難聴のときは、お風呂を控えましょう

突発性難聴とは、音のセンサーであり、音波の振動エネルギーを電気信号に変換する内耳が、突然障害を受けることにより高度の難聴をきたす病気です。ある朝起きてみたら片耳が聞こえにくかった。

急に片耳に耳鳴りが始まったと思ったら耳の聞こえが悪くなったという症状で始まります。原因としてはウイルス感染説、内耳循環障害説など諸説があります。

ウイルス感染説はストレスや疲労などで免疫力や抵抗力が低下している時に何らかの原因で内耳がウイルスに感染して聴力が低下する説です。内耳循環説は、内耳の血管が収縮、または狭まってしまい血液の循環がうまくいかなくなり難聴になる説です。

突発性難聴は発症から2週間以内の治療が望ましく、これを過ぎると治癒の可能性が低くなります。そのため症状を自覚したら速やかに設備の整った病院や耳鼻科の専門医の診断を受ける必要です。

突発性難聴の治療はステロイド剤や血管拡張剤などの薬物投与が有効とされていますが、突発性難聴の発症前に精神的、肉体的ストレスを感じているケースが多いことから、心身ともに安静にしてストレスを解消することが重要です。

突発性難聴の生活注意点は、安静、暴飲暴食を避ける、お風呂(長風呂)を控える、タバコ、アルコールを控えるなどです。



五十肩
耳ツボタッピング
耳が詰まった感じの治し方

頭の臭い改善

Ear Clinic耳鼻科研究WEBニック

大阪市中心部にある情報機関
完全予約制