本文へスキップ

突発性難聴かなと思ったら!発症後の時間をチェックして耳鼻科に行こう!

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.完全予約制

〒334-3470 大阪市中心部にある情報機関

耳鼻科研究WEBニックfacilities

突発性難聴かなと思ったら!発症後の時間をチェックして耳鼻科に行こう!

突発性難聴は何月何日何時何分に
突然耳が聞こえなくなったと明言できるほど
はっきりと音のとぎれを自覚します。
(参照: http://www.miminari-web.net/totsunan/

低音型難聴や高音型難聴など耳鳴りの症状が主で、
音が二重に聞こえたり耳が塞がったような症状でてきます。

めまいや吐き気を併発すると
リンパ水腫の障害で起こるメニエール病が考えられます。
突発性難聴は発症後時間が経つにつれて治りが悪くなりますので、
早期治療が必要な病気といえます。

耳に異常を感じたら早期に耳鼻科での検査をお勧めします。
東洋医学の漢方や針治療は、
体質改善と免疫力や抵抗力を高めるためにとても効果的ですので
突発性難聴の治療にもよいと思います。

治療を開始してから発症後時間1ヶ月~3ヶ月が
治療の目安と言われています。
症状や治療法などでも違ってきますが、
自分に合った薬と治療法を選ぶことも
完全治癒への近道だと思います。

突発性難聴は<それまで耳の病気にかかったことのない
健康な方が突然襲われる病気ですので、
自分は大丈夫と過信しないことです。

生きている限り何らかのストレスは感じると思いますが、
それを解消する方法を知っておくことが
突発性難聴の予防につながります。
肩こりや目の疲れなどもストレッチやマッサージなどで
解消するとよいでしょう。



五十肩
耳ツボタッピング
耳が詰まった感じの治し方

頭の臭い改善

Ear Clinic耳鼻科研究WEBニック

大阪市中心部にある情報機関
完全予約制