本文へスキップ

突発性難聴とさまざまな治療薬の選択肢

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.完全予約制

〒334-3470 大阪市中心部にある情報機関

耳鼻科研究WEBニックfacilities

突発性難聴とさまざまな治療薬の選択肢

発性難聴の治療には、じつにさまざまな治療薬が使用されています。
その背景には原因が特定できず、明確かつ効果的な治療方法がまだ確立されていない点が挙げられます。

治療方法にもさまざまな説があり、それぞれに役立つ選択肢が用意されている状況なのです。

ステロイドと抗凝固剤、循環改善薬などはその代表的な例として挙げられます。しかしステロイドの場合、副作用や長期使用のよる依存状態といった問題がつきまといます。
他の二つの場合は、一定の効果こそ期待できるものの、使用と効果の間の明確なメカニズムがまだ解明されていない面があり、必ずしも治療に役立つかわからない面もあるのです。

それだけに症状や治療の進行状況に合わせて他の選択肢も考慮に入れる必要があります。

では、そのほかにはどういった選択肢があるのでしょうか。代表的なところではビタミンB12、低分子デキストラン、アミノトリゾアート、インターフェロンといった名前が挙げられます。

ビタミンB12などは副作用などの心配がなく、安心して服用できる選択肢としても魅力です。

ただし、これらの選択肢もよい効果が得られる場合とそうでない場合が見られ、必ずしも突発性難聴との明確な関係が明らかになっていない面もあります。
中には症状が改善されたのは自然治癒によるものだという説もあります。

現在も新たな治療法が研究され、導入されている状況。
しかしまだ決定的なものはないため、患者一人一人が自分で選択肢を選ぶ必要も出てきます。

医師とよく相談することはもちろんですが、自分でも治療法に関する知識を身につけておく必要があるのではないでしょうか。



五十肩
耳ツボタッピング
耳が詰まった感じの治し方

頭の臭い改善

Ear Clinic耳鼻科研究WEBニック

大阪市中心部にある情報機関
完全予約制